仮想通貨ICO  FountainConnect  待望の第2ステージ間もなく開始 メディアにも取り上げられるほどの注目度

FountainConnect  第2ステージ間もなく開始

第1ステージでは、仮想通貨市場全体が暴落しICOの資金調達が伸び悩む市場の中、資金調達予定額10,000,000ドルを完了したFountainConnect 。

2018年の9月に上場を予定、上場取引所も既に決まっており、さらにICOの段階ではかなり珍しくメディアにも多数取り上げられた事で、注目度が急上昇しました。

そんなFountainConnect の第2フェーズが3月1日17時より開始されます。

ICO参加方法はこちら<

FountainConnect (ファウンティングコネクト)とは

FountainConnect は寄付市場の透明化を目指すプロジェクトです。

日本でも寄付活動は某チャリティー番組や地震などの災害にあわれた地域に向けて行われていますが、寄付の市場自体は日本人にはあまり馴染みがない市場になると思います。

しかし海外では「寄付」という行動が身近にあり、アメリカでは「慈善の精神」が高く、年間約2500億ドルが寄付されているほどです。

そんな寄付市場ですが、寄付に抱える不信感や表面化されていない問題などが存在しているのが現状となっています。

そんな現市場が抱える問題を解決していくのがFountainConnectです。

FountainConnectでは最新のブロックチェーン技術DAGを技術基板に採用し、Laylaという独自のプラットフォームを使用することで寄付市場の透明化を行い、今抱える問題を解決していきます。

市場の透明かにより具体的にどのような事が行われるのかというと

・寄付金がきちんと使われているかが分かる
・寄付金が不正に使われない
・寄付の際に銀行手数料がいらない
・分かりにくい寄付活動がなくなる
・支援者に決定権が与えられる

になります。

現状では、寄付したお金が実際どう使われているかわからず、寄付する側も「寄付したら終わり」となっていました。

しかしFountain Connectにより寄付する側も寄付金の使い方を確認する事が可能となります。

また、寄付により約束されていた計画事項は、都度寄付者たちで続行か打ち止めかを投票方式で決定され寄付金で集めた計画が進められていきます。

FountainConnect (ファウンティングコネクト)の詳細はこちらの記事をご覧ください。

独自ブロックチェーンLayla(レイラ)とは

LaylaはIoという人工知能で常に監視魅力を使用しているブロックチェーンになります。

Ioにより常に監視されることで、寄付活動が正常であるかを確認しています。

Laylaにより実現さえれるのは

・人工知能「Io(イオ)」が監視

常に情報が正確

・独自のストックウオレット採用

・銀行手数料の撤廃

となり、Layla(レイラ)の開発により、今まで不透明だった寄付金の動きが初めて透明化することが可能となるのです。

注目度が急上昇中

冒頭でも説明しましたが、ICOの段階では珍しく、既に各種メディアで取り上げられて注目度が急増しています。

SankeiBiz
http://www.sankeibiz.jp/business/news/180115/prl1801151032031-n1.htm

財経新聞
http://www.zaikei.co.jp/releases/575024/

ロイター
https://jp.reuters.com/prcenter/article?id=147231-20180115&type=2

さらに、多数の世界中のNPO,NGOなどの社会貢献団体ともすでに提携が進んでいます

寄付市場全体からの注目も上がっているプロジェクトになります。

ICOの詳細

ICOは3ステージにより販売が開始されます。

(第1ステージは、2018年1月15日〜1月30日で行われ完売にて終了しました。)

第2ステージ

・販売数:4,166,666FTC(12,500,000ドル相当)

・販売単価:3ドル/FTC

・最低購入額:1FTC

・購入可能通貨:BTC、ETH

※販売単価は全ステージ同じ

ボーナス

・ボーナスはステージでの総販売数が多くなるにつれて高くなっていきます。

5,000,000ドル:13%

7,000,000ドル:16%

9,000,000ドル:20%

12,500,000ドル:25%

今回の第2ステージよりETHでの購入も可能となりました。

第1ステージに比べ少しボーナスは下がりますが、最大25%のボーナスはかなり大きいですね。

ICO参加方法はこちら<

まとめ

寄付への抵抗は寄付した物やお金がどの様に使わせているのかわからない所がかなり大きいと思うのですが、FountainConnect により市場に透明性を持たすことが出来れば、寄付への抵抗がなくなり今後成長していく市場だと思います。

透明性を持たす事で市場が大きくする事は、成功を収めたFaceBookが良い例ですね。

FaceBookが誕生した時の衝撃などを思い出すと、個人的にもかなりおもしろいプロジェクトだとっています。

またFountainConnect は上場先の取引所と上場時期が決まっている点と、プロジェクト自体が「Layla(レイラ)」を中心としており、難題となる部分がない為、実現性が非常に高い点はかなりの好材料になると思います。

投資をするにあたり、上場先の有無や掲げたプロジェクトに対しての実現性は非常に大事なポイントになりますからね。

ICO段階でメディアに取り上げられ注目度を上げながら、社会貢献団体とも提携を勧め推進していっているあたりも信頼を持てるプロジェクトではないのでしょうか。

ICO参加方法はこちら<

管理人のおすすめ


■おすすめ取引所キャンペーン
国内取引所で総額27,000円相当がもらえるチャンス


■おすすめAIトレード
AIトレードといえば、おすすめはBIT-AI!


■おすすめのICO  DECOIN
取引所発行の独自トークン
取引手数料からの配当機能付き!


詳細はこちら

スポンサーリンク