ビットコイン(BTC)11月ハードフォーク ビットコイン2x(b2x)の誕生 ビットコイン暴落の危機…

どうもぺけぽんです。

今回は11月に誕生するビットコイン2x(b2x)についてと、ビットコイン(btc)のビットコインが暴落する可能性について説明します。

ビットコイン2x(b2x)の分裂でビットコインに何が起こるのか

17年11月1日にビットコインゴールド(BTG)が新たに生まれるということで、仮想通貨市場においてビットコインが盛り上がっていますが、実はビットコイン(BTC)は11月にもうもう一度分裂があります

それがSegwit2xというものです。最近分裂したビットコインゴールド(BTG)とはまた別の分裂になります。

このSegWi2xハードフォーク(2XHF)は、2017年5月23日にニューヨーク合意(NYA)と呼ばれるマイナーや事業者などの合意によって計画された一部となります。
実はこの計画により、実施されるビットコインのハードフォーク(HF)により、今回誕生するビットコイン2x(b2x)が本家のビットコインになる可能性が高いと言われています。

しかしこの、本家のビットコインになる可能性が高い言われているビットコイン2x(b2x)がびっくりするぐらい信用できないのです。

ビットコイン2x(b2x)はなんとマイナーの90%が支持しています。この現状で分裂が発生すると今までのビットコイン(btc)をマイニングしていた人が、ビットコイン2x(b2x)のマイニングに変わっていきます。
そうなると今までのビットコイン(BTC)のマイニングパワーは少なくなっていきます。

ビットコイン(BTC)はマイニングにより、取引の検証作業を実施していますので、だれもビットコイン(BTC)マイニングしなくなると、マイニングの難易度が更新されるまでの期間、ビットコインの取引がまともにできなくなってしまう可能性があるのです。

もし一時的にでもビットコイン(BTC)のネットワークが遅延が起こしてしまうと、そこからビットコイン(BTC)の価格は暴落する事も考えられます。また、このままほとんどのマイナーがビットコイン(BTC)のをマイニングをやらなくなると、ビットコイン(BTC)は取引はまともにできなくなってしまう可能性があります。そして取引が出来なくなったビットコイン(BTC)は通貨としての価値を失い、最悪の場合価値(価格)は0になる事も考えられます。

しかい、今までのビットコインキャシュ(BCH)やビットコインゴールド(BTG)と同じく、ビットコイン(BTC)をガチホしていればビットコインキャッシュ(BTC)もビットコイン (b2x)ももらえるから良いじゃん。って思う人もいると思います。

しかし、もしビットコイン2x(b2x)がメインのビットコインとなった時、ビットコイン(BTC)の価格は暴落するでしょう。そしてそのタイミングでの、ビットコイン2x(b2x)の価格はどうるのか全く予想が付きません。

現在(2017年10月27日)のビットコイン2x(b2x)の先物価格は8万円程度です。
仮にそのビットコイン2x(b2x)がもらえたとしても、ビットコイン(BTC)が暴落する事があるのなら、安易にビットコイン’BTC)ホールドしていると、結果損失を抱える事になるかもしれませんね。
なので、現在の値段で一度手放しておいて、混乱が落ち着いて価格が安定してから再度購入する方が良いかもしれません。

 

ビットコイン2x(b2x)は信用できる?

11月のビットコインHFで現在のビットコイン(BTC)の立場になろうとしているビットコイン2x(b2x)がきちんと開発されていれば良いのですが、実はそうじゃないんです。

マイナーの90%もが支持しているビットコイン2x(b2x)は開発者がなんとたったの1人です。

そしてホワイトペーパー(通貨の目的などが書かれた物)もたった4行しか記載がありません。

しかも、このたった1人の開発者もあてになりません。
この開発者、現在は他の仮想通貨を開発しています。
そしてMt.Gox破たんに関係していたという過去があったり、詐欺師と手を組んでいたりするみたいで、SEC(米国の証券取引委員会)からもマークされているようです。

こんな状態では、まともに開発する気すら感じられませし、開発社を信用する方が難しいと思います。

今後、ビットコイン2x(b2x)が本家ブロックチェーンになった場合、現在のビットコイン(V¥BTC)開発陣はみんな開発から出ていくでしょう。
そうなった時、ビットコイン2x(b2x)は1人の開発者が片手間に開発している状態になるのです。

マイナー達が90%以上支持する本当の理由

ここで生まれてくる疑問が、なぜこんな状態の通コインにマイナー達が皆支持をするのかという疑問が生まれますよね。

それは、彼らマイナーにはビットコインキャッシュ(BCH)という通貨があるかです。

は?なんでそこと関係するんだ?疑問が生まれますよね。

実は、彼らマイナーはビットコイン2x(b2x)を支持しながら、もう一方でビットコインキャッシュ(BCH)も支持しているんです。つまり本家のビットコインをビットコイン2x(b2x)というゴミのような全く使い物にならない通貨にすることで、自分たちのビットコインキャッシュ(BCH)を本当のビットコインにのし上げてやろうとしている可能性があるんです。

なぜビットコインキャッシュ(BCH)がなぜ本当のビットコインになれるのかは、こちらをご覧ください。

管理人のおすすめ


■絶対に開設しておくべき取引所
BTCトレード初心者は必須!取引高世界1位!

口座開設方法はこちら

■おすすめAIトレード
AIトレードといえば、おすすめはBIT-AI!


■おすすめのICO  DECOIN
取引所発行の独自トークン
取引手数料からの配当機能付き!


詳細はこちら

スポンサーリンク