仮想通貨PACcoin(PAC)とは 第2のXPと呼び声高い草コイン XPの次としてはおもしろい

どうもぺけぽんです。

草コインブームが少し落ち着いてきましたね。

2017年12月初旬にはBinanceでたくさん取り扱いのあった、1円以下の草コインが全て15円を超え草コインの価格ではなくなりました。(2017年1月6日現在)

改めて世界No1取引所の凄さを見せつけられました。今後Binanceへ上場していく通貨は、かなり要チェックになりそうです。

仮想通貨を持っている以上、Binanceへの登録は必ずしておきましょう

>Binanceの登録はこちら<

そして今回は第二のXPと呼び声が高い、次世代を担う草コインPACcoinについて解説していきます。

PACcoin(パックコイン)とは

PACcoinは2013年に、William Corlissにより開発され誕生した通貨です。

Bitcoinと同じ、P2P(PPEER TO PEER)仮想通貨となり、銀行を使用せず個人間で直接通貨のやりとりを行える様にした物です。

PACcoinの詳細は下記になります。

・通貨名称:PAC

・現在発行数:3,351,334,001,854PAC

・最大発行数:3,351,334,001,854PAC 

・アルゴリズム:PoW(proof of work)

すでに最大発行枚数まで発行されており、発行枚数が約3.3兆PACと桁違いの数が発行されております。

これだけ大量の枚数が発行されており価格も付かず、開発当初から時価総額1000位あたりにあった通貨でした。

PACの価格

PACは2017年の年末から急激な価格上昇をみせています。

2017年12月24日:0.000002$

2017年12月27日:0.000005$

2017年12月29日:0.000020$

2018年1月3日      :0.000040$

2018年1月5日      :0.000095$

2018年1月6日      :0.000240$

2週間で120倍までの急激な価格上昇を見せています。

これでもまだ0.025円あたりなので、草コインですね。

価格上昇の理由と今後の動き

このPACが2013年に誕生以降、4年間価格が上がらなかったのに対しなぜここに来て、ここまで価格変動が起こった原因を調査した結果3つの要因が考えられそうだということがわかりました。

通貨のハードフォーク

PACは2018年3月1日にハードフォークを予定

今回のハードフォークではトランザクション速度の向上が施され、発行枚数も3.3兆PACから1000億PACと約1/33の通貨まで減ります。

発行枚数の減少によって通貨の価値が上がることへ期待上げでの価格上昇や考えられます。

また今まではあまりにも通貨の価値が低すぎて、他の通貨との比較も難しかったですが、そのあたりも解消され、他のメジャーな通貨との取引もしやすくなります。

開発チームの交代

2017年の秋から開発チームが新しくなりました。

その開発チームにより、今までの方針とは大きく変わり通貨のハードフォークなどが行われていきます。

開発依頼1000位だった時価総額ランキングも、まずは目標50位以内と発表されており、すでに57位まで上げています。(2017年1月6日現在)

チームが変わった事により、プロジェクトは大きく進むという期待からの価格上昇も考えられます。

草コインブーム

これは、今の時代の流れですね。その時代に乗った価格上昇も考えられます。

今後の価格予測と注意すべき点

上記の3つの理由により価格が大幅に上昇したことが考えられます

開発者が変わり、時価総額ランキング50位を目指すために、大量発行し過ぎた通貨に対しハードフォークを行い通貨数を減らすなど、開発者の試行錯誤がある点は良いと思います。

ただし、このPACホワイトペーパーが未公開という点もあります。

(ロードマップは2月に公開予定)

現状では今後、実際どの様な計画で、どの様な通貨を目指すのかが投資者達にはわかりません

この段階でのこの価格上昇は、時代に乗った流れで価格が上がっているだけにも思えますので、どこかで大暴落する可能性も大いにあり得ると思います。

引き際を考えることも大事になってくると思います。

PACの売買可能な取引所

Yobit

Cryptopia

・Trade Satoshi

YobitCryptopiaでの購入をおすすめします。

■1月7日追記

※1月7日現在、Cryptopiaの口座開設が止まっています。Yobitでの口座開設は可能のため急ぎの場合はYobitでの口座開設をおすすめします。

まとめ

開発者が変わり、ハードフォークにより通貨が減ることでの価格上昇が最も大きな要因だと思います。

まだ、ホワイトペーパーが開示されていないのは、かなり大きいマイナス点だと思います。

草コインへの投資で夢を見ることは出来ますが、草が刈り取られる可能性も大きくありますので、余剰資金の一部で投資するのは面白いかもしれませんね。

※あくまで私個人の見解であり、価格変動を約束するものではありません。投資は自己責任でお願いします。

管理人のおすすめ


■おすすめのICO①  REGAIN
資金調達90億円以上達成!!
ICO参加のラストチャンス!!
ビットコインのマイニング市場を変える!

参加方法はこちら

■おすすめのICO②  DECOIN
取引所発行の独自トークン
取引手数料からの配当機能付き!


詳細はこちら

■おすすめのICO③ FREAKSTREAM
無料エアドロップも実施中
ストリーミングプラットフォーム!!

詳細はこちら

■取引所ランキング

ランキングはこちら

スポンサーリンク