注目度No1 ICO MOOVER 第1フェーズ 完売間近! 秘めた魅力が凄い!

どうもぺけぽんです。

MOOVERの資金集めスピードがとんでもないですね。

2500万ドルを目標にしているMOOVERですが、2300万ドル超えました

あと200万ドルを切っている状態です。

4日で1000万ドルのペースで集めているので、第1フェーズの完売まで、1日もかからないペースですね!

購入希望の方は、今なら滑り込みで第1フェーズに間に合う可能性があるのでおススメです(^^)

MOOVERのコントリビュージョン(ICO)の魅力

第1フェーズ終了間近なので、ここで一度MOOVERの秘めている魅力と、ここまでの資金集めが凄い理由を再度解説させてもらいます!

MOOVERのメリット、デメリットはこちら

革命的なプロジェクト内容

まずは、ICOに参加するということは、そのプロジェクトに投資するという事になります。

つまりプロジェクトとは何かを理解して、将来性を見極めて投資する必要があります

このMOOVERは、日本に居て日本だけしか見れていない人はと、気づくことのない世界が抱える問題へ目を向けたプロジェクトです。

そのカギとなるのがモバイルデータ通信です。

モバイルデータ通信のシェアリングにより、世界のデジタルディバイド(情報格差)をなくしていくのです。

プロジェクトについてのまとめはこちら

コントリビュージョン(ICO)の購入額

このMOOVERのコントリビュージョン(ICO)でここまで資金が集められている現状に注目するには理由があります。

このコントリビュージョンは、購入上限額が決められているからです。

つまり、大口による大量購入ができないため、資金は他のICOに比べて集まりにくいのが現状です。

しかし、現時点で2250万ドルを超えています。
これは、MOOVERのプロジェクトに魅力、将来性を感じ投資している人が多いという事に繋がります。

投資額上限がなければ、もっと早い段階でフェーズ1は終わっていたのではないでしょうか

上場先の取引所が決まっている

やはり、ICOで1番肝となるのが、「トークンが取引所に上場出来るのか」になります。

しかしMOOVERはCryptoClick Market(CCM)という新規オープンする取引所に上場する事が決まっています

まとめ

MOOVERのプロジェクトの魅力、世界の期待度を集める資金スピードから実際に感じてください。

かなり注目されているICOである事は、間違いありません。

もちろん、ICO案件ですので絶対はありませんので、ご自身でMOOVERというプロジェクトを理解して頂き、魅力を感じるようでしたらエアドロップが10%もらえる、フェーズ1で購入することをおすすめします。

フェーズ1のコントリビュージョンは残りわすかです。
もしかすると1日以内には完売してしまうことも予測されます。
フェーズ1狙いの方はかなり、急いだ方が良いと思います。

>MOOVERはこちらから購入出来ます<

>ホワイトペーパーはこちら<

管理人のおすすめ

rippleが無料でもらえる

詳細はこちら

■おすすめのICO  LODE
ついに金(きん)市場へブロックチェーン技術導入
2018年10月上場予定


ICO参加はこちら

■おすすめ取引所① BINANCE
取引量世界No.1   全取引手数料0.1%

■おすすめ取引所② kucoin
将来BINANCEに匹敵する呼び声高い 注目度急上昇中

スポンサーリンク