ICO GeAR(ギア) GeARプラットフォームが持つ9つの機関とその役割とは

GeARとは

GeARは誰もが簡単に自由な発想でARゲーム制作を出来て、ユーザー同士は目的を達成する為にプロジェクト毎にメンバーを集めたりする事を可能とする分散型ARゲームプラットフォームとなります。

GeARには、、ゲーム制作段階からマーケティング、マネタイズまでのすべてのフェーズをサポートする9つの機関が存在しています。

今回はその9つの機関についてまとめました。

GeARについてはこちらをご覧ください。

GeARを支える9つの機関

GeARのプラットフォーム上には9つの機関が存在します。

・Lobi

・GeAR-Engine

・Build Room

・GeAR-Master

・Debug/Trstplay

・Marketing

・GeAR-Store

・Guardian

・GeAR-Creators Market

Lobi

・ソーシャルネットワークを構築するコミュニティの場

・様々なスキルを持つユーザーと意見交換やゲーム制作チームを結成する場所です。

・名前、国、スキルなどを絞って検索もできる

・専門用語対応の多言語翻訳機能により他国、他分野のユーザーとチャットによるディスカッションが可能

・チャットルームは個人間のみではなく、グループも実施可能

・チーム結成時、メンバーの追放の規則等などのルールを、スマートコントラクトにて設定をすることが出来る

・ゲームで得た収益もあらかじめスマートコントラクトを設定する事でもめることなく配布される

・可視化された経験値システムを採用(チームの実績やテストプレイ、意見メールなどの活動で経験値は得る事ができる)

Lobiにより、ゲームを開発するチームの基板を作成する事が出来、意見交換も出来るようになり人と人が繋がる場所になります。

GeAR-Engine

・ARの特徴的なスキルを提供

・ARのコアとなる部分のパッケージソフトを提供(ARはジャンルやタイトルが違ってもコアとなる部分のプログラムは共通している事が多い)

・ARの処理を1からプログラミングする労力と時間を削減

・提供するSDK(Software Development Kit)を介してより簡単に利用することが可能

・グラフィカルなIDE(Integrated Development Environment)を提供(コーディング不要で簡単なアプリを作成が可能)

GeAR Engineはソフトのコアとなる部分をパッケージ化し提供してくれる場所です。

Build Room

・クリエイターがゲームを制作する場所

・GeAR-Engineを使って簡単にARコンテンツを搭載したゲーム制作が可能。

・AR以外にも様々な処理のゲームエンジンがブロック化。そのブロックをつなぎ合わせることで簡単にロジックを組みゲーム制作が可能。

・チャットルーム、ドラッグ&ドロップで映像クリップが編集できるツール、プロジェクト管理ツールなどのプロジェクトの進行に必要な全ての機能を提供

・チーム内でのゲーム制作の保存、共有と同期、簡単なバージョン管理などをクラウドストレージで管理

・API接続の使用によりゲームをGeARに簡単に接続が可能

・ブロックチェーン上の分散型データベースの使用により、すべての操作は高速でセキュリティ確保される

GeAR-Master

・GeARのアドバイザーとAI(AIMaster)で構成されたサポートチーム

・各ゲームの管理者に対し専属でサポートを行う

・ゲーム制作段階のデバッグ・テストプレイから公開における審やマーケティングからマネタイズまでのすべてのフェーズをサポートする

Debug/Tstplay

・デバッグの作業を補助するデバッガ(debugger)を搭載したAIMasterが、過去10年分の膨大なデータからテストパターンを作成

・AI Masterが重要視する点を考慮し、マシンパワーでプログラムを稼働させ不具合をサーチする。

・ハードウェア由来の新たなバグなどの発生にも随時アップデートにて対応

・AIMasterはディープラーニングによりユーザーのテストプレイデータが蓄積され学習していく

・GeARに蓄積されるデータが多くなるほどデバックツールは優秀になる

・外部から隔離した領域で、通常と同じようにプログラムを実行できる環境をサンドボックスにて対応

・サンドボックス内でテストプレイ等を実行することで、システム全体がバグの影響を受けずに済みセキュリティ対策にもなる。

デバックとテストプレイはARだけでなく、ゲームや電気製品などでソフトを作成する時に、最も時間とお金が掛る部分になり、そこをAI Masterが自動対応してくれるわけです。

特にオンラインゲームなどの、常に更新が必要となるゲームなどはこの部分が問題視されており、この解決はゲーム業界においてもターニングポイントとなりえます。

スポンサーリンク

Marketing

・国ごと異なるゲーム公開時のコンプライアンスを自動で精査し、公開国を自動で選択

・言語の翻訳や、一部機能の追加・変更により別の国でも利用できるようにする

・ユーザーのニーズにあった属性を持つゲームを優先的に表示する「拡張ターゲティング」を採用

・ユーザーが好きなゲームを指定するとその属性に近いゲームをGeARから抽出してリスト化する

GeAR-Store

・クリエイターがゲーム内の課金サービスを簡単に実装する事ができる

・課金システムはスマートフォンやタブレットなどのiOS/Androidアプリ用のSDKを利用して実装

・ゲーム内の課金オプションをユーザーは1クリックで購入可能

・GeAR-Storeの利用には審査が必要だが、GeAR-Masterが自動で対応する

・アプリの課金オプションはIDが発行され、受注から決済までのプロセスを追跡可能

・ユーザーからの問い合わせは、GeAR-Masterが対応

・ゲーム内で使用する通貨の一括管理が可能

【ゲーム内通貨の管理】

【ユーザー管理】

Guardian

・セキュリティAIとGeARのTask Forceで構成され常に不正行為などの監視を行う。

・BOT の傾向を分析し不正行為を自動的に検知し制裁する

・不正ツールや改造ツールを利用して、ゲームのプログラムを変えるユーザーを排除する

・ディープラーニングにより、データが蓄積され学習していく

・セキュリティAIにもたくさんの不正データが蓄積され、将来的には世界に誇る不正行為監視AIになる

・ゲームデータの流出による盗作がないかの監視をおこない、発見した場合は両クリエイターに確認を行う

GeAR-Creators Market

・RMT(Real Money Trading)が可能

・ユーザーがコンテンツを取引するマーケットで、取引は全てGeARトークンを通して行われる

・クリエイターが作成したキャラクターや映像、アバター衣装などを他のクリエイターへ販売可能

・クリエイター同士の販売は、ゲームのコラボレーション企画や期間限定アイテムなどで使用可能

・取引の仕組みにはマルチシグエスクローを採用し、3つの秘密鍵にて管理される。その内1つの秘密鍵をGeARが持ち取引の整合性が取れた後に解放し取引を成立させる。

・秘密鍵をGeARが管理することで、、取引が途中で中断したり、ユーザーと連絡が取れなくなり納品がされない状況であっても、支払ったトークンが返還されないなどの問題がなくなる

RMT(Real Money Trading)

ゲーム内でのアイテムの換金をRMT(Real Money Trading)と言います。

GeARは従来の中央集権構造を用いずに、分散型ネットワークにおいてRMT取引を可能にするプラットフォームを構築し、

ゲーム何のデータをトークン化しブロックチェーン技術における非中央集権で管理することで、ユーザー同士が運営側に縛られることなく、

ゲーム内のアイテムを自由に売却し利益を得る取引を可能にしています。

今後のGeARのロードマップ

2018年5月:ICO開始

2018年7月~:9つの機関のテスト実施

2018年10月:取引所上場

2019年4月~:セキュリティAIの導入、GeAR-Storeのライブ配信

2019年10月~:試作ゲームの実装テスト、モバイルプラットフォームの開発

2020年1~3月:ローンチされアプリケーションリリース

2018年10月の上場予定はロードマップには記載がないですが、公式サイトに記載がありますね。

ICOの詳細はこちらの記事をご覧ください。

今GEaRはICO前のスタートダッシュイベントとして、2万人限定でエアドロップ実施中です。5GEARトークンが無料でもらえるのでなくなる前にもらっておきましょう^^

>エアドロップによるトークンGETはこちら<

管理人のおすすめ

span style="color: #ff0000;">■無料AIR DROP情報まとめ

無料エアドロップ情報はこちら

■おすすめのICO① Firop 
世界初 水のマーケットプレイスを実現
事前登録でエアドロップ実施中!!

事前登録でのトークン獲得はこちら

■おすすめのICO② GeAR 
ポケモンGOで注目を集めたARに特化!

ICO詳細はこちら

■注目のICO③ Abyss
イーサリアムの創業者Vitalikが関わるICO!

ICO詳細はこちら
 
■取引所ランキング

ランキングはこちら

スポンサーリンク