ICO FREAKSTREAMとは?エアドロップ実施中

どうもぺけぽんです。

ICO FREAKSTREAMがエアドロップ実施中です。

>XFSトークンのエアドロップはこちら<

FREAKSTREAMとは

Youtube、Facebook live、USTREAM、Rwiych、17LIVEなどの動画配信サイトから人気のアーティストやパフォーマーが誕生するのが当たり前の時代になって来ました。

そして今後は、このような動画配信サイトからアーティストなどが登場してくるスピードは更に加速していくことが予想できます。

しかしそんな動画をアップロードする人(ストリーマー)は現在の動画配信サイトに対し、様々な問題を抱えており、そんなストリーマーの抱える問題を解決したストリーミングプラットフォームを提供するプロジェクトがFREAK STREAMになります。

ストリーマーが抱える問題とは

今現在、動画サイトを利用して投稿するストリーマーが抱える問題は大きく3つ存在します。

・手数料の高さ

これは動画視聴者から投げ銭などをもらえる17LIVEなどがイメージしやすいですが、視聴者からもらった投げ銭から、運営側が差し引く手数料になります。

この手数料ががかなり高くその理由は、動画配信サイトのサーバ管理費用が最も大きいと言われています。

・動画視聴環境

これはサーバとの距離により、動画が止まったり視聴が遅れたりする問題です。

特にリアルタイムの動画では、配信に遅延が発生したりチャット機能が遅れたりという問題が発生します。視聴者もこのような動画だと途中で見るのを辞めてしまう事も、発生するので配信側からすれば大きな問題となります。

・動画の中央集権化

配信した動画は、動画サイトのサーバで管理されており、配信者の権利に関係なく動画が削除されたり、一方的にアカウントを強制削除される事があり、その時自分の配信した動画を守る事ができない。

スポンサーリンク

FREAK STREAMの特徴

FREAK STREAMの最も大きな特徴は分散プロトコルとして、IPFS(InterPlanetary File System) を採用があげられます。

今までのHTTP通信では、WEBサイトを訪れる時には一度データが保管してあるサーバから転送により配信していましたが、IPFSではサーバを不要とし直接コンテンツを指定することが可能になるのです。

つまり、IPFSを採用する事で簡単にいうとサーバーを持つことが不要になったのです。

これにより、通信回線が不安定な状態でも不自由なく閲覧が可能になり、またサーバを持たないので管理費が不要となり、手数料を安くすることが可能となります。

また、配信された動画はPoA(Proof of Autograph)というIPFSノードの署名により、ブロックチェーン上で管理される為、非中央集権となり所有権も守ることができるのです。

XFSトークンと使い道

XFSトークンはFREAK STREAMのプラットフォーム上で利用出来るトークンになります。

XFSトークンの使い道は投げ銭になります。

今、動画配信サイトでは、気に入ったファンの子を応援したいという気持ちから、投げ銭される事は、もはや当たり前の時代になって来ており、その為に利用されるのです。

まとめ

今、動画配信サイトの勢いがすごいのは、誰もが感じている事だと思います。

しかし、投げ銭は需要があるのか?という疑問はまだ持っている人が多いのではないでしょうか。

しかし実際に17LIVEなどを見てもらえばわかりますが、普通に万単位での投げ銭も行われているぐらいです。

これは純粋、ファンが応援したい気持ちで投げ銭をするんですよね。

FREAK STREAMの中で投げ銭がたくさん行われる環境になった時、XFSトークンの流動性は大きくなり価格に影響が出て来るかもしれませんね。

>XFSトークンのエアドロップはこちら<

管理人のおすすめ


■おすすめのICO①  REGAIN
資金調達90億円以上達成!!
ICO参加のラストチャンス!!
ビットコインのマイニング市場を変える!

参加方法はこちら

■おすすめのICO②  DECOIN
取引所発行の独自トークン
取引手数料からの配当機能付き!


詳細はこちら

■おすすめのICO③ FREAKSTREAM
無料エアドロップも実施中
ストリーミングプラットフォーム!!

詳細はこちら

■取引所ランキング

ランキングはこちら

スポンサーリンク