注目のICO ASIC-HARDMiner SC  安定の人気度 開始3日で70%資金調達達成

どうもぺけぽんです。

先日もご紹介したASIC-HARDMiner SC かなり順調に資金調達を達成していますね。

ASIC-HARDMiner SC とは

ASIC-HARDMiner SC はマイニング市場の健全化を目指すプロジェクトであるREGAINによる第2のプロジェクトになります。

REGAINはビットコインのマイニング市場の健全化を目指しているのですが、それのライトコインVerになります。

マイニング市場の健全化とは?

ビットコインの最も大きな特徴の1つが非中央集権であり、それを可能にしているのがマイニングになります。

ビットコインは、特定の人や機関に管理されない非中央集権な通貨であり、送金処理はマイニングにより実施されており、このマイニングを実施する人をマイナーと言います。

本来マイニングは、マイニングする人が平等にトークンを得る事ができるように作られたシステムだったのですが、現在では約70%をとあるマイニングプールの独占により行われてしまっています。

マイニング市場は、独占されないことから非中央集権が成り立っており、独占されてしまうと、独占者により価格操作が可能となってしまい非中央集権でなくなってしまうという問題が発生するのです。

今市場には、マイニングプールというマイニングを行うチームが、現在複数存在しているのですが、実際にマイニングを成功させるには高性能のマイニングマシーンが複数台必要となり、費用面でその問題を突破する事が出来ないチームがたくさん存在するのです。

これを解決する為に立ち上がったのが、ASIC-HARDMiner SCになるのです。

スポンサーリンク

実際プロジェクトでは何をするの?

ASIC-HARDMiner SC のプロジェクトの実施事項は至ってシンプルで、ICOにより集めた資金により高性能のマイニングマシーンを開発・作成していくのです。

開発した高性能マイニングマシーンを、マイニングマシーンの手配費用に困っている、たくさんのマイニングプールに無料で貸し出して、マイニングを実施してもらいます。

これにより、独占されているマイニング市場を健全化していく事を目指しています。

投資家へメリットは

私たちが気になるのは、ここのメリットだと思うのですがメリットは大きく2つ存在します。

・トークン保有者へのマイニング報酬

・トークン自体の価値

トークン保有者へのマイニング報酬

1つ目は、トークン保有者へのマイニング報酬の支払いです。

これは他のICOとは大きく異なるのですが、ASIC-HARDMiner SC ではICOにてトークンを購入した場合、上場前であってもマイニング報酬が支払われるのです。

その仕組みについて説明してきますね。

ASIC-HARDMiner SC では、上でも説明しましたが高性能のマイニングマシーンを作成し、マイニングプールへ無料で貸し出してマイニングを実施してしてもらいます。

そしてここで発生したマイニング報酬は、ASIC-HARDMiner SC と貸し出されたマイニングプールとで50:50で分け合うのです。

そしてASIC-HARDMiner SC に支払われた50%の報酬の中からトークン購入者へ報酬が支払われるのです。

ASIC-HARDMiner SC もトークンを保有している投資家が資金を投資してくれたから実現出来たことであり、株主でいう株主優待みたいなイメージですかね。

マイニング報酬が上場前にもらえるの?

マイニング報酬がもらえる仕組みは理解して頂けたと思いますが、なぜ報酬がトークン上場に関係なく支払われるのかという疑問も生まれますね。

これもいたって簡単で、単純にトークン上場前であってもICOにより資金は集まっており、マイニングマシーンの開発は進んでいるのです。

そして、上場前にマイニングマシーンは完成してマイニングプールに使用してもらう事で、報酬は発生する為、上場前でも報酬がもらえるのです。

>ASIC-HARDMiner SCのICO参加はこちら<

トークン自体の価値

2つ目は、トークン自体の価値です。こちらは上場後の話になってきますね。

ASIC-HARDMiner SC はトークン保有者にマイニング報酬がもらえますが、もらえる割合はトークン保有量によって異なります。

つまり、トークン上場後にASIC-HARDMiner SC のマイニング報酬に魅力を感じるユーザーが増えて、トークンを保有したいという考えの人が増えればトークンの価格は上がっていくことになります。

このあたりは、基本的には他のICOのトークンと同じ考え方になりますね。

ICO詳細

<ICO詳細>

トークンシンボル:RSC

発行上限:10,000RSC

価格:1RSC=500USD

ICO期間:2018年6月1日17時~6月30日17時

※トークンの売れ残りは全てBURNされます。

<報酬の詳細>

マイニング開始:2018年8月15日~

配当開始:2018年9月15日~(初回配当は8月15日~31日までの半月分)

報酬:1RSC=0.00525BTC/月  (見込み)

ASIC-HARDMiner SC のICOは既に始まっており、開始3日で約70%が販売完了しています。

このままの勢いでいけばあと2日も立たずにトークンは完売すると思いますので、興味がある方は少し急いだ方が良さそうですね。

>ASIC-HARDMiner SCのICO参加はこちら<

まとめ

ASIC-HARDMiner SCは既に大元であるREGAINで実績があり。目指すプロジェクトがシンプルで事からやはり、ICOの資金集めは順調ですね。

個人的には、ASIC-HARDMiner SCのようにプロジェクトが実績を上げたうえで、取引所に上場する方が、トークン自体にもしっかりと価値や保有する目的が存在するので、最近の上場後のICO割れという可能性は減ると思うので、かなり良いロードマップではと思います。

しっかりトークン保有でマイニング報酬がもらえているトークンを手放す人はたぶん少ないですからね。

また、マイニング報酬が発生した時には本ブログにて報告させて頂こうと思います。

ASIC-HARDMiner SCは今年楽しみプロジェクトに1つになりますね。

>ASIC-HARDMiner SCのICO参加はこちら<

※あくまで個人の見解であり、価格の上昇は保証できません。トークン購入やICOへの参加ははご自身のご判断で自己責任でお願いします。

管理人のおすすめ


■おすすめのICO①  REGAIN
資金調達90億円以上達成!!
ICO参加のラストチャンス!!
ビットコインのマイニング市場を変える!

参加方法はこちら

■おすすめのICO②  DECOIN
取引所発行の独自トークン
取引手数料からの配当機能付き!


詳細はこちら

■おすすめのICO③ FREAKSTREAM
無料エアドロップも実施中
ストリーミングプラットフォーム!!

詳細はこちら

■取引所ランキング

ランキングはこちら

スポンサーリンク