Firop  ボーナス200%残り48時間で終了 約13億円の資金調達を達成する程の魅力とは

どうもぺけぽんです、

ICO実施中のFiropですが、ボーナス200%が残り48時間を切りました。

こんな冷え切った市場の中、約13億円の資金を2週間で集めて、順調な滑り出しを見せています。

しかしこんな冷え切った市場の中、約13億円の資金を2週間で集めるほどの魅力はどこにあるのか?

Firop(フィロップ)とは?

Firop(フィロップ)とは、簡単に言うと水を作りだす造水技術の研究開発機関に特化した分散型マーケットプレイスの構築と、マーケットプレイスにより造水技術市場が抱える問題解決を目指したプロジェクトです。

今世界中に存在する水は、97.5%が海水で残りの2.5%が淡水と言われています。

つまり私たち人間が生きていくうえで必要な淡水は、わずか2.5%しか存在していないのです。

この淡水も、浄化出来ないレベルまで汚染されていったり、世界人口の増加にあり年々減少していっているのが現実です。

そんな中、海水や下排水などの人が利用出来なくなった水からきれいな淡水を作り上げる為に必要な技術が造水技術です。

しかし現在の造水技術は、大きな問題を2つ抱えており開発が滞ってしまっているのです。

その問題を解決する為のプロジェクトがFirop(フィロップ)となります。

造水技術の現状と抱える問題とは

淡水技術の抱える問題の1つが地球汚染です。

造水技術は既に存在しているのですが、今の技術では電力エネルギーが多くかかってしまい、淡水を造ると同時に大量の二酸化炭素を発生させてしまう為、地球汚染へと繋がってしまうのです。

もちろん対策案を踏まえた新しい技術はいくつか報告されており、その新しい技術であれば、地球汚染なく淡水を造り上げる事が可能になるかもしれません。

ただ、ここで発生するが2つ目の問題で、その新しい技術を研究する費用がないのです。

この研究費が存在しない最も大きな理由が造水技術におけるマーケットプレイスが存在していないからなのです。

これだけ大きな問題なのにも関わらずマーケットプレイスが存在しないが為に、造水技術の現状を知らせる場所がなく限られた投資家のみしか、この現状を知る事が出来ません

つまり限られた投資家からの資金投資のみしか行われない状態となってしまっているのです。

Firopでは、この造水技術に特化したマーケットプレイスを構築する事で、問題を解決へ繋げるのです。

FiropICO参加はこちら<

Firop(フィロップの特徴)

Firopが構築するマーケットプレイスの大きな特徴は2つあります。

DEXDecentralized Exchange)の採用により分散型マーケットプレイスを実現

Firop Chain」という独自チェーンをメインチェーンとして採用

この2つの特徴により、

・スマートコントラクトによる自律的なP2P取引が可能

P2Pによるトラストレスな取引の実現

・ハッキングリスクの回避

オーダブック状の動きをオフチェーンで処理

取引結果はオンチェーン処理

を実現させています。

また、Firopは投資家なしではマーケットプレイスは成立しないと考えを持っており、投資家が参加する上で重要なメリットを大きくし、不正が存在しないマーケットプレイスを構築を目指しています

その為に、透明性を持った明確な監査と自主規制機関による不正対策が取られています。

透明性を持った監査

Firopでは、投資家に対し明確かつ正確な形で公開する為に、専門分野を限定し研究機関の正確な評価を行います

また、監査の結果や進捗は全てオンチェーン上で管理することで、誰もが自由に閲覧する事が可能となり透明性を持たせています

自主規制機関による不正対策

一部の投資家による不正を防止する為に、法律家と複数の専門家が連携したMarket Integrity Organization(MIO)という自主規制機関を創設され、次の事が監視されます

・投資家による相場操縦やインサイダー取引など不正取引

・事業体の粉飾、偽装、隠蔽など不正

MIOは法務、会計、金融の専門家からなるコンソーシアムを組成され、各国の関係機関と連携を取り不正に対する対応を実施していきます。

不正が発覚した場合は、不正を実施した対象者は、オンチェーンでの処理が止まり、イントラネット上で情報が厳重に管理されます。

次に登録されたKYCによりヒアリング実施された後、各国の記入監督当局を含む関係機関へ対応を求めていきます。

最終的には保管データとKYCを基に該当国の関係機関から該当者へのヒアリングが行われ法的対応が行われていきます。

スポンサーリンク

Firopの魅力は?

この冷え切った市場の中で、わずか2週間で14億円もの資金を集めたFirop(フィロップ)の魅力は

・プロジェクトの目指す場所が現実的

・将来性を見た時の投資案件として、今後世界的に求められる事が予想される造水技術

・世界初となる造水技術のマーケットプレイス

・投資家の事を重要視した、マーケットプレイス

・ICOボーナスによるリスクヘッジの高さ

あたりが考えらるのではないでしょうか。

やはりプロジェクトがシンプルで有り、目指すべき場所が明確である。また、今後必要とされる市場であり、投資家の事を考えられたマーケットプレイスは、投資する私たちからすれば魅力になりますね。

個人的にはICOボーナスの200%によるリスクヘッジの高さがやはり最も大きいのではと思います。

200%ボーナスという事は、例えば1BTC購入した時は3BTC分のトークンがもらえます。

つまり購入分に対し3倍のトークンがもらえるので、上場後に元金回収だけ実施し残りのトークンは将来性を見ての保有も出来ますし、価格が約1/3になるまではプラスとなるので、上場後に下落した場合のリスクヘッジになりますからね。

ただそのトークンボーナス200%も残り48時間を切っていますので、FiropのICOに参加をお考えの方は200%のタイミングでの参加をおすすめします。

FiropICO参加はこちら<

※あくまで個人の見解であり、価格の上昇は保証できません。トークン購入はご自身の判断でお願いします。

管理人のおすすめ


■おすすめのICO①  REGAIN
資金調達90億円以上達成!!
ICO参加のラストチャンス!!
ビットコインのマイニング市場を変える!

参加方法はこちら

■おすすめのICO②  DECOIN
取引所発行の独自トークン
取引手数料からの配当機能付き!


詳細はこちら

■おすすめのICO③ FREAKSTREAM
無料エアドロップも実施中
ストリーミングプラットフォーム!!

詳細はこちら

■取引所ランキング

ランキングはこちら

スポンサーリンク