【速報】coin check (コインチェック) SegWit2xへと対応表明

ぺけぽんです。

11月15日に控えた、ビットコイン(BTC)のハードフォークへの対応がcoincheckから発表されました。

coincheck対応方法をまとめました。

詳細は、coincheckをご確認ください。

コインチェックの見解

・SegWit2xの分岐では現状Replay attack対策が行われる未定

・「ビットコイン」「SegWit2x」双方のブロックチェーンの存続等が不明

等のまだ、今後の動きが不透明なところが多い為、

コインチェックは、まずはユーザの資産の保護、安定したサービスの提供を最優先する。

今後随時、情報により対応が変わっていくことがある。

その際は、コインチェックの公式SNSにて知らせてくれる。

今回の説明は、分岐に発生するブロックチェーンを「B2X」、既存のブロックチェーンを「BTC」と呼称してしいきます。

(呼称・通貨コードは変更の可能性あり)

とのことです。

 

コインチェックの対応方針

発生したB2Xは付与を行う予定です

 

ただし「レバレッジ取引で保有するBTCショートポジション分」「信用取引におけるBTC借り入れ分」は同量の返済義務が発生する見込み

 

また、以下のような事象により、ユーザの資産の保護が困難と判断される場合や安定したサービスの提供が困難と判断した場合は、B2Xの付与を行わない可能性あり。

 

・Replay attackに対する対策が不十分であると確認された場合
・マイナーが十分に集まらず、ブロックが安定的に生成されない場合
・何らかの脆弱性が発覚しそれに対する対策が行われない場合
・その他、弊社においてB2Xを付与することが適切ではないと判断した場合

付与日時について

B2Xの安全性・安定性の確認後、付与予定。

現時点で付与の日時は未定。

付与の詳細について

 

・付与量

ビットコインとSegWit2xのブロックチェーンで最後の共通のブロックを生成した日時の残高

 

・付与の通貨は、B2Xを他の通貨に変換して行う可能性あり。

※その際の変換レートはコインチェックにて実勢レートを基に判断される

 

付与数量

 

【プラス付与】

・「取引アカウント」で保有するBTC

・「Coincheck payment(決済)アカウント」で保有するBTC
・「貸仮想通貨アカウント」で保有中、貸出中、貸出申請中となっているBTC
・レバレッジ取引のロングポジションで保有するBTCポジション数量

これらには、同量のB2Xが付与される予定見たいです。

【マイナス付与】
・レバレッジ取引のショートポジションで保有するBTCポジション数量
・信用取引において借り入れているBTC

これらには、同量のB2Xの返済義務が発生する予定みたいです。

 

レバレッジ取引でショートポジション保有分と信用取引で借り入れ分は

返済義務が発生するということですね。

付与例

公式発表の付与の例です。

・「取引アカウント」にて保有BTC資産が1BTCの場合 → +1B2Xを付与
保有する1BTCに対し付与されるため、同量の1B2Xも保有する状態となり、プラス付与となる。

 

・「Coincheck paymentアカウント」にて保有BTC資産が1BTCの場合 → +1B2Xを付与
保有する1BTCに対し付与されるため、同量の1B2Xも保有する状態となり、プラス付与となる。

 

・「貸仮想通貨アカウント」にて1BTCを保有中の場合 → +1B2Xを付与
保有する1BTCに対し付与されるため、同量の1B2Xも保有する状態となり、プラス付与となる。

 

・「貸仮想通貨アカウント」にて1BTCを貸出中の場合 → +1B2Xを付与
貸出中の1BTCに対し付与されるため、同量の1B2Xも貸出中の状態となり、プラス付与となる。

 

・「貸仮想通貨アカウント」にて1BTCを貸出申請中の場合 → +1B2Xを付与
貸出申請中の1BTCに対し付与されるため、同量の1B2Xも貸出申請中の状態となり、プラス付与となる。

 

・レバレッジ取引のロングポジション数量が1BTCの場合 → +1B2Xを付与
1BTCの買いに対し付与されるため、同量の1B2Xも買っている状態となり、プラス付与となる。

 

・レバレッジ取引のショートポジション数量が1BTCの場合 → -1B2Xを付与
1BTCの売りに対し付与されるため、同量の1B2Xも売っている状態(マイナス付与)となり返済義務が発生

 

・信用取引で1BTC借り入れている場合 → -1B2Xを付与
1BTCの借り入れに対し付与されるため、同量の1B2Xについても借り入れている状態(マイナス付与)となり返済義務が発生 

 

 

 

返済義務の発生について

・レバレッジ取引でBTCショートポジションを保有する場合
・信用取引でBTCの借り入れをしている場合

には、B2Xの付与によりBTCと同量のB2Xの返済義務が発生

 

返済義務発生時の注意点について

・B2Xの返済義務が発生した場合、返済が完了するまで、保有する日本円とCoincheckで取り扱う全ての仮想通貨の出金が不可。

・返済時にB2Xの残高が不足している場合、B2X以外の通貨にて返済可能。

※変換レートはコインチェックにて実勢レートを基に判断

・B2X返済のタイミングは、コインチェックにて判断し、後日アナウンスされる。

 

 

 まとめ

・今回はBitcoin Gold(BTG)と対応が違う

・Btc保有分と同等の2bx付与

・返済義務もある

・2bxで付与されるかは未定

というところですかね。

今回も、2bxはもらえればラッキーという感覚でBTCの保有しておけば良いと思いますが、価格は大きく上下する事も考えられます。

最悪、暴落する事も考えられますので、BTCとしての保有はよく考えて保有する必要がありそうですね。

あくまで自己責任で、保有しておきましょう。

簡易的にまとめましたので、詳細はcoincheckのHPよりご確認ください。http://pekeponblog.com/wp-admin/media-upload.php?post_id=196&type=image&TB_iframe=1

管理人のおすすめ


■おすすめのICO①  REGAIN
資金調達90億円以上達成!!
ICO参加のラストチャンス!!
ビットコインのマイニング市場を変える!

参加方法はこちら

■おすすめのICO②  DECOIN
取引所発行の独自トークン
取引手数料からの配当機能付き!


詳細はこちら

■おすすめのICO③ FREAKSTREAM
無料エアドロップも実施中
ストリーミングプラットフォーム!!

詳細はこちら

■取引所ランキング

ランキングはこちら

スポンサーリンク