誰でもわかる 仮想通貨 エイダコイン(ADA)とは

どうもぺけぽんです。
今回は、ADA(エイダ)についてです。

エイダ(ADA)とは

仮想通貨エイダ(ADA)とは、カルダノ財団が運営する通貨です。
エイダ(ADA)の通貨コードはADA
ICOの期間はなんと、2016年9月から2017の1月までの15ヶ月間かけて行われており、仮想通貨史上最長のICO期間だったとも言われています。
そして、世界中のADAコインのほとんどの通貨所持しているのが日本人な通貨となります。(2017年10月現在)
投資した日本人の人数は約9400名 平均投資額は6100ドルでした。
そして日本国内では、ネットワークの様な販売方法がとられてしまし、エイダ(ADA)はダメだという声も、頻繁にあっがていました。
しかし、2017年10月にBittrexに上場し、初値の価格は一時では、ICOでの販売価格の10倍の値をつけました。

エイダ(ADA)の特徴

エイダ(ADA)はイーサリアム同様のプラットホーム型トークンとなり、カルダノのゲームプラットフォーム上で使用される通貨となります
特にエイダ(ADA)の特徴と言えるのが下記になります。
・発行枚数は320億ADA

・日本のATMでADAの引き出しが可能

・ADAの使用にはダイタロスウォレットが必要

・カルナドは独自のブロックエクスプローラーを持つ

 ・カルなどはデビットカードにて支払いが可能になる

エイダ(ADA)の発行枚数について

エイダ(ADA)は当初630億ADAが発行される予定でした。

しかし、上限枚数が半分の320億ADAと発行枚数が激減したのです。

この激減した理由が、技術的問題なのか等は不明のままです。

しかし発行枚数が当初の半分になったとしても、発行枚数は仮想通貨の中ではトップクラスになります。

日本のATMで引き出しが可能

ADAコインの売買は仮想通貨の取引所で行われますが、今後は日本のATMでも引き出しが可能になっていくそうです。

ADA公開後一年以内、つまり2018年10月までには、25カ所のATMにて取り扱いを開始していく予定のようです。

ADAは2017年10月現在での取り扱い取引所はBittrexのみとなっていますが、今後は多くの取引所にて流通が開始される予定のようです。取り扱いが開始されていく取引所は今後明らかになってくると思います。

ADAの使用にはダイタロスウォレットが必要

ADAコインを使用する為には、ダイダロスウォレットというものをダウンロードする必要があります。

ダイダロスウォレットとは、簡単にいうとセキュリティ性の高いADAコイン専用のハードウォレットです。

ダイダロスウォレットはADAのウォレットページからダウンロード可能です。

カルナドは独自のブロックエクスプローラーを持つ

カルナドはブロックチェーン上のトランザクションを確認するのに便利な、独自のブロックエクスプローラーを持っています。

ADAコインに関するすべてのトランザクションはブロックチェーン上に公開されている為、ユーザーは特定のトランザクションに関する情報検索が可能となっています。

閲覧可能な情報は、 送金したADAの額、送金者の公開アドレス、トランザクションの行われた日時などです。

カルなどはデビットカードにて支払いが可能になる

カルナドデビットカードを使用することで、ADAコインを使用して他の通貨同様に支払いを行うことが可能となります。

ルナドデビットカードへは、ダイダロスウォレットを通してADAコインを送ることができます。

資金は自身で選択した通貨に自動的に両外される仕組みとなっているので、カルナドデビットカードを使用してオンラインショップや店頭でADAコインを利用することが出来る様になるそうです。

また、デビットカードをアプリと連携させることで、ADAコインの残高や取引履歴も確認することが可能となるようです、

カルナドデビットカードの詳細は近日公開されるそうなので、詳細の公開が待ち遠しいですね。

 

 

 

管理人のおすすめ

rippleが無料でもらえる

詳細はこちら

■おすすめのICO  LODE
ついに金(きん)市場へブロックチェーン技術導入
2018年10月上場予定


ICO参加はこちら

■おすすめ取引所① BINANCE
取引量世界No.1   全取引手数料0.1%

■おすすめ取引所② kucoin
将来BINANCEに匹敵する呼び声高い 注目度急上昇中

スポンサーリンク